配管業者の私が実際に使っている厳選の2品のみ販売 | ビーエヌクリーンかパイパスで詰まりを改善できます

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム厨房排水の構造 硬くなった油脂汚れを除去する方法・予防する方法

排水パイプの硬く変質した油汚れを除去する方法

※下記は、個人的な経験・知識に基づくものですので、すべてが正しいとは限りません。下記の内容を参考に行動して損害を負っても、当方は一切の責任を負いかねます。自己責任・自己判断でご参考ください。


年月がたって硬く変質した油汚れは、いかに強力な業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを使用しても分解するのは難しいです。何度も使ったとしても、ほとんど除去できません。

なので、ワイヤー清掃や高圧洗浄で直接汚れを削って除去する方法や、バイオパイプクリーナーを使って徐々に除去する方法が考えられます。

※これら以外にも方法はあると思います。


この中の方法のいずれかを行うのであれば、ビーエヌクリーンの定期使用をおすすめします。

その理由は、
他の方法より費用がかかりません。広範囲の硬くなった油汚れを分解できる。業者に高額な作業費を払うことになるか心配がなくなる。不調で業者に急な依頼をする出費がなくなる(急な対処の依頼は通常より費用が高い場合が多いです)。年数回業者にワイヤー清掃してもらっている場合、それが不要になる。簡単な作業で定期的に使うだけ。排水環境の改善後は再発の予防になる。

これらの点について詳しくは、下のビーエヌクリーンの定期使用のところで説明します。


■その1 高圧洗浄

高圧洗浄はやっていただいて構いませんが、作業時間とコストを確認してから自己判断で依頼してください。相応の効果はあります。

しかし、油脂汚れの蓄積を軽減して再発を予防しない限り、数ヵ月~数年後に不調が再発すると思います。ある飲食店では予防もかねて定期的に年2回頼んでいるところもあります。排水パイプの多くの汚れが除去できますが、相応にお金と時間がかかります。


■その2 ワイヤー清掃

ワイヤー清掃は、ワイヤーが届かないところの汚れは除去不可。また、プロでも相当のテクニックがない限り、ワイヤーが届いても除去し残りがそこらじゅうに残ります。

排水パイプの広域を清掃することはまずありません。広域の油汚れをきちんと除去するには、非常に手間と時間がかかるので。ある程度のところまでワイヤーを差し込んでいき、適当に汚れを削って除去します。除去できなかったところ、除去し残したところやワイヤーが届いていない奥のほうは、汚れがそのままです。

排水パイプの継手の箇所などは、ワイヤーの曲がり具合や継手の形状から、特に除去しにくいです。そういった箇所に新たな油汚れが蓄積することで、きれいに除去できた箇所よりも早く排水の通り道が細くなってしまい、結構早く不調が再発することがあります。

また、高圧洗浄と同様に油汚れの蓄積を軽減して再発の予防をしない限り再発します。


■その3 ビーエヌクリーンの定期使用

ビーエヌクリーンの使用は、水やぬるま湯にビーエヌクリーンを溶かして、排水溝に毎日投入します。厨房の作業(営業終了後の清掃)が終わった一番最後に溶かしたビーエヌクリーンを排水口に注いでください。

硬く変質した油汚れにBN菌が付着します。徐々に少しずつ分解していきます。

徐々に油汚れを分解していき、数ヶ月で詰まりにくい排水環境へ改善します。

排水環境の改善後も定期使用を続けることで、油汚れの蓄積を軽減するので再発の予防になります。排水環境改善後のビーエヌクリーンの粉の分量は半分でも構いませんので、定期使用することをおすすめします。

これは私の個人的な意見ですが、
私(設備屋)の業者としての立場から言って、どう考えてもビーエヌクリーンを使ったほうが、安く、簡単に排水環境の改善ができます。その上、再発の防止にもなるので、これ以外の方法は私なら絶対に行いません。ビーエヌクリーンを使えば済むことですから。

また、早急(即日など)に流れを改善させるためにはワイヤー清掃が最適だと思います。ワイヤー清掃で蓄積した油汚れを除去して普通に流れるようになったら、ビーエヌクリーンの定期使用を始めて、ワイヤー清掃で除去できていない油汚れを分解して排水環境を改善していくのが最善だと思います。

今までの業者に依頼する対処に比べ、新しい対処であるビーエヌクリーンを使った対処法は多くの方が知りません。
昔からの対処の「不調が起こったら業者に清掃を依頼する」ことが一般的であたりまえとなっています。「こういうときは業者に頼むしか方法がない」という常識は、現在では誤りです。

もし、お知り合いに飲食店や宿泊施設の経営・管理の方がいらっしゃいましたら、「ビーエヌクリーンというものがある」ということを知らせて頂けると幸いです。宣伝になるのは嬉しいですが、クチコミで宣伝になるのが本望ではありません。

「業者に何回も依頼して高額な出費をしているなら、ビーエヌクリーンを使って費用の負担を軽減できる」ということを知らせて頂きたいのです。

ホテルの設備屋(主に配管工&何でも屋)という仕事柄、ホテルの経営状況や業者費用の負担の大変さは重々承知しております。だからこそ、ビーエヌクリーンを使う対処があるということを知っておいて頂きたいのです。

明治製菓バイオパイプクリーナービーエヌクリーンのBN菌が作用する様子(厨房の排水配管の油脂汚れ)

上へ戻る


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス