業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム■厨房排水の構造 油脂汚れで詰まりやすくなった排水環境

厨房の側溝の先の排水パイプに油汚れが多量に蓄積して詰まりやすくなった排水環境について

※分かりやすく解説するため簡略・誇張したイラストになっています。

床下に排水パイプが埋まっている様子 業務用厨房の排水配管は、床から突き出ています。そのパイプの穴に排水ホースが差し込んであるだけの場合が多いです。ホースとパイプの周りはブカブカで隙間が空いています。その隙間をテープなどで目張りしてあることも多いです。

なかには、しっかりとパイプとホースが取り付けられていることがあります。

※半透明の緑色の四角は厨房の床を表しています。

●はじめに厨房排水の構造の説明


トラップに排水ホースが取り付けられ、排水配管へホースが差し込んであります。

排水ホースの先端が、排水配管にしっかりと固定されている場合もございます。

一つの太い排水パイプに、複数の流し台の排水ホースがまとめて差し込んであることがございます。

※トラップには常に水が溜まっていますが、図では省略しています。

油汚れが蓄積して、いつ詰まってしまうか分からない危険な状態の排水の様子

●いつ詰まるか分からない排水環境


※色が濃い汚れは、古い汚れ(数年前に付着して固まった汚れ)や年月によって硬く変質した油汚れを表しています。

長年、厨房を使用し続けることにより、徐々に油脂汚れが付着していきます。

家庭排水と比べ、厨房の排水汚れには植物性油・動物性油が非常に多く含まれています。

この油脂が排水パイプの内側に付着し、時間が経って固まっていきます。固まった油脂汚れに油脂汚れが付着し、さらに固まった汚れの層が厚くなっていきます。

数~数十年たった多くの厨房排水は、このような排水環境になっていることが多いです。

油脂が多い調理が行われている厨房や、調理量が非常に多い場合など、汚れが多く付着し、数年で非常に詰まりやすい末期的な排水になっていることもございます。


放置しておくとどうなるかの説明


上へ戻る


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス