パイプクリーナー | ビーエヌクリーンが排水の油脂詰まりを解決・改善!明治製菓の業務用バイオパイプクリーナー



ホーム◎ 排水つまりの基礎知識 【原因編】

排水つまりの基礎知識原因編
※私(業者)の経験・知識にもとづく情報となりますので、自己判断・自己責任でご参考下さい。
※現場(各建物)によって、原因は様々です。下記に記載していない、思いにもよらない原因の場合も多々ございます。下記では、まれな原因などの説明を省いております。
※図は説明のため分かりやすく簡略・強調してあります。実際と異なります。

排水の不調になる主な場所・箇所
キッチン台所の流し台の流れが悪い原因
浴槽、ユニットバス、浴室の洗い場の流れが悪い原因
洗面台の排水の流れが悪い原因
洋式水洗トイレの流れが悪い原因
レストランやホテルの厨房の流し台・側溝の排水の流れが悪い原因


※それぞれの場所において不調の原因は異なります。また、記載していない原因や対処法もございます。




台所・キッチンの流し台シンクの排水の不調

流し台の排水が流れにくい不調の原因の多くは、排水パイプ内にたまった油汚れです。
油よごれは、年々少しずつ排水パイプの内側にたまっていきます。

油汚れは、一般住宅(戸建て・アパート・マンション)で徐々に蓄積していきます。
揚げ物や中華が多いと、流し台の排水にまざっている油の量も多くなります。

注意する点は、
排水の流れが悪いと感じたら、いつ詰まってもおかしくない危険な状態と判断した方がいい

長年の汚れがたまって、流れが悪いという症状が発生したら、排水の流れ道が非常にせまくなっている状態です。

例えば、下の図のように
年月をかけて、少しずつ油よごれがたまっていきます。

油よごれがひどい状態までたまらないと、流れが悪いという症状が現れないことがあります。
油よごれがひどいキッチンの排水パイプの断面
排水パイプに相当汚れが蓄積しないと症状が出ず、症状が出たときは非常に危険な状態かもしれません

つまり、
シンクの排水の流れが悪いと感じたときには、油よごれが末期症状的にひどく溜まっていることがある

末期症状的な状態になったから不調が現れているということです。そのため、1,2回家庭向けパイプクリーナーを使った程度では、スムーズに流れるまで汚れを除去できない場合があります。


また、
蓄積した油よごれは年月がたつと固く変質し、パイプユニッシュやパイプマンなど一般的なパイプクリーナーでは分解できません。

油よごれは、年月をかけて層が厚くなっていくため、古いよごれの部分は固く変質します。固く変質してした油よごれは、一般的な家庭向け液体パイプクリーナーでは分解できません。強力なパイパスを使用しても分解は難しいです。

家庭向け液体パイプクリーナーを何度も使っても固く変質した油よごれの部分は分解できません。

家庭向け液体パイプクリーナーは、年月のたっていない、水分を含んだ柔らかい状態の汚れを分解できます。


油よごれの大部分が固く変質していると家庭向け液体パイプクリーナーを何度も使用しても流れが改善しないことがあります
家庭向け液体パイプクリーナーを使って、流れがスムーズになる程度まで流れ道が広がるまで汚れを分解できる場合とできない場合がある

例①の場合
流れが悪いので、家庭向け液体パイプクリーナーを数回使ったら、流れが良くなりました。

例②の場合
家庭向け液体パイプクリーナーを数回使ったけれど、流れが良くならなかった。

例①と②の違いは、やわらかい汚れの部分が多いか少ないかです。
例②は、やわらかい汚れの部分が例①よりも少ないです。

家庭向け液体パイプクリーナーを使っても固く変質した汚れは分解できません
家庭向け液体パイプクリーナーを何度も使って、やわらかい汚れの部分をできるだけ分解しても、流れ道が十分に広くならない場合、流れはよくなりません。

固く変質したよごれは、パイプユニッシュやパイプマンなどの家庭向け液体パイプクリーナー、強力な業務用パイパスを使用しても分解できません。水酸化ナトリウムなどの化学薬品系パイプクリーナーでは分解できません。

固く変質した汚れを除去するには、ワイヤー清掃で削り取って流れ道を広くするか、ビーエヌクリーンを使って少しずつ流れ道を広げていくかの方法があります

ワイヤー清掃で固く変質した汚れを削りとれば、即日で流れがよくなります。
ビーエヌクリーンのBN菌によって、固く変質した汚れを少しずつ分解できます。

くわしくは、こちらをご参考ください。
排水の流れが遅い気がしたらできるだけ早くパイプユニッシュなどパイプクリーナーを使って下さい
ワイヤーブラシを排水パイプに突っ込んでいくことで汚れを削り、排水の通り道を広げます
強アルカリ性のパイプクリーナーを定期的に使うことで不調を一時的に改善します
根本的に詰まる心配のない排水環境に改善します。
業者の私の経験をもとにした個人的な判断方法・対処方法です。対処方法は、排水環境によってそれぞれ異なりますので、自己責任・自己判断でご参考下さい。

上へ戻る



風呂・ユニットバスの排水の不調

洗い場や浴槽の排水の流れがわるい主な原因は蓄積した髪の毛や油汚れです。

排水口にあるトラップの部分や、トラップにつながっている排水パイプの部分に、付着してたまっている油汚れや髪の毛によって、排水の流れ道が細くなってしまい、スムーズに流れなくなります。すると、排水がたまったり、お湯を流したときに逆流してしまったりといった不調が発生します。

風呂やユニットバスの排水パイプに髪の毛などの汚れが蓄積していきます。

排水が流れていくときに、排水パイプの内側に人の油やアカなどが付着します。その付着した汚れをエサにして雑菌がふえてヌメリが発生し、ベトベトした状態になります。このような汚れには髪の毛が引っかかりやすく、引っかかった髪の毛には、人の油やアカ・髪の毛などがさらに引っかかり、汚れのかたまりが大きくなっていきます。

ユニットバスの不調については、こちらもご参考ください。
ユニットバスの排水が逆流してきた理由や仕組み家庭向けパイプクリーナーを使ったけれど効果が無かった理由を徹底的に解説します。

※不調をそのままにしておくと
排水の流れが徐々に悪くなっていき、そのうち排水が詰まる可能性が高いです。

完全につまってからの対処は大変です。業者に頼むことになる場合がほとんどですので、お金がかかります。そうなる前に簡単な対処で改善・予防をおすすめします。

流れが遅くなくても、ボコボコ音がして排水が流れていくようであれば、排水パイプ内の汚れがかなり蓄積している可能性があります。

流れが悪い、排水口から悪臭がする、排水が逆流するなど、どのような不調でも、不調を感じたら、できるだけ早く対処してください。
症状が出てから早めの対処であれば、家庭向けのパイプクリーナーなどで改善できる可能性が高い。不調を放置し続ければ、最終的に、強力な薬剤や業者のワイヤー清掃が必要になってしまいます。


ユニットバスの流れが悪いときのオススメの対処法

不調の原因には色々があります。下記は、可能性の高い、よごれが原因の場合の説明です。

※すべての症状で注意
パイプクリーナーは少しでも流れる排水に使用できます。完全に詰まった排水口にパイプクリーナーは使わないでください。
※詰まっている排水にパイプクリーナーを投入すると、薬液がたまったままになって、その後の対処が大変になってしまいます。


ホームセンターやコンビニで売っているパイプユニッシュやパイプマンなど家庭向けパイプクリーナーをお試しください。それで改善すればひとまず大丈夫です。
※当ショップでは、ドラッグストアなどで買える一般的なパイプクリーナーを「家庭向け」と表現し、業務用と区別して表しています。

ホームセンター、ドラッグストア・スーパーなどで200~300円ほどで販売されている、パイプユニッシュやパイプマンなどの家庭向けパイプクリーナーを一度お試しください。
家庭向けパイプクリーナーを使用して不調が改善されるのであれば、そのほうが安く済みます。
また、液体の薬剤なので、業務用のパイパスより取り扱いやすく、薬品の濃度が低いので多少は安全です。

家庭向け液体パイプクリーナーを使ってみたけど効果が無かった方はこちらを参考にもう一度お試し下さい。
ユーニードが提案する家庭向けパイプクリーナーの効果的な使い方

できれば苛性ソーダ系の液体パイプクリーナーをお使いください。
苛性ソーダ系のパイプクリーナーの選びかたは、こちらをご参考ください。
★苛性ソーダ系の家庭向けパイプクリーナーを選ぶ方法

家庭向けパイプクリーナーを使っても改善しなかった、改善しても数日で不調が再発する場合はパイパスをお試しください。

上へ戻る



洗面台の排水の不調

洗面台のつまりの原因は、主に髪の毛。石鹸や人の油・アカなどもつまりの原因です。

排水管の内壁(パイプの内側)は、石鹸や人の油・アカなどが付着し、ばい菌が繁殖してヌルヌル状態です。そのヌメリに髪の毛がからまって、髪の毛が固まりになっていきます。その髪の毛に油やアカなどがたまりばい菌が繁殖し、さらに髪の毛が引っかかり大きな塊となっていきます。
 この髪の毛などによる塊が、排水の流れを悪くして、最終的には排水が流れなくなってしまいます。

これらの一般的な対処法は
  • 業者に頼む
  • ホームセンターなどで市販されているアルカリ性パイプクリーナーの使用  
  • 業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーの使用
などです。

一戸建て・アパート・マンションの住人が業者に頼んだ場合、業者の作業は大体2種類です。
①業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーの使用
②まったく流れない場合、①が効果がないときなどは、排水管をばらしてつまりの原因を除去する

近年、家庭で簡単に使えるアルカリ性パイプクリーナーが普及してきました。多くの家庭向けパイプクリーナーは、苛性ソーダ系パイプクリーナーの非常に濃度が低いものです。

<苛性ソーダ濃度の比較>
  ・ 家庭向けアルカリ性パイプクリーナー(苛性ソーダ系)・・・0.5%~3%程度

  ・ 業務用苛性ソーダ系パイプクリーナー・・・95%程度

業務用は高濃度の苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)です。水酸化ナトリウム濃度が高いものは「医薬用外劇物」に指定されています。皮膚の腐食・有機物の分解能力に優れているので、取扱いには注意が必要です。

ホテル・旅館等の宿泊施設には客室などに洗面台が多くあるので、苛性ソーダ系パイプクリーナーを買い置きしてあり、詰まったとき、流れが悪いときなど日常的に使用しています。

家庭向けパイプクリーナーでも効果があるのですが、濃度が低いので髪の毛を溶かすのに時間がかかる、業務用の固形・粉末の方が安いなどの理由で、業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーが多くの施設で使用されています。

上へ戻る



洋式水洗トイレの流れの不調

※原因は様々です。業者が詳しく調べ、対処をしないと状況が悪化する恐れがあります。自己判断・自己責任でご参考下さい。記載以外の対処方もございます。
※下記対処を行って、状況が悪化しても当方は責任を負いません。参考程度の説明なので、自己判断・自己責任でお試し下さい。
※配管の施工やトイレの取り付けなど、構造自体に問題があった場合、下記対処方をやっても無駄な場合もございます。


トイレの流れのを改善するパイプクリーナーなどの薬剤はありません

一般住宅のトイレの流れの不調を改善するパイプクリーナー(薬剤など)は存在しません。業務用でも存在しません。一般住宅のトイレの流れの不調を招く原因はパイプクリーナー等の洗浄剤で溶かして改善されるような物ではないからです。

業者の私でも、トイレの流れの改善する洗浄剤を聞いたことがありません(私が知らないだけかもしれません)。何百回とトイレの流れの改善をしていますが、パイプクリーナーを使用したことも一度もありません。

トイレの便器が完全につまった場合の対処方
トイレの便器の流れが遅くなった気がする場合の対処方




トイレが完全につまって、全く水位が下がらない場合

便器の中の途中に物がつまって流れなくなる場合がほとんどで、排水パイプの部分でつまることはまれです。

基本的には、便器自体の流れ道の途中に物が詰まって不調が発生します。あとは、便器と排水パイプがつながっているの部分です。この部分に出っ張りがある場合、物が引っかかることがあります。

便器の先の塩化ビニール(グレー色のプラスチック)の排水パイプの途中に便やトイレットペーパーが引っかかって詰まることは、非常にまれです。

それよりも、屋外の排水マスの部分で、流れの妨げやトラブルがあり、便やトイレットペーパーが蓄積すると、流れにくいといった症状が現れることがあります。その場合は、排水マスをチェックすれば、便が溜まっていたりする場合が多いので簡単に分かると思います。


便器につまった物によって、対処が異なります。
トイレに便やトイレットペーパーを多く流して、つまってしまった場合
トイレに便やトイレットペーパー以外の異物がつまってしまった場合


便器に便やトイレットペーパーがつまった場合

多量の紙・排泄物を一気に流そうとしたときに詰まります。

スポイト・ラバーカップと呼ばれる道具で、汚水に圧力を掛け、汚水を揺さぶって、汚物やトイレットペーパーの塊を崩して流れるようにします。

スポイトで詰まりを解消する原理は、 スポイトを押したり引いたりすることで、詰まり物のまわりの水をゆさぶって、詰まっている物を「やわらかく・ほぐす」ことで流れるようにし詰まりを解消させます。

便器に溜まった水が、便器のふちのギリギリまで溜まっている場合は、バケツなどにある程度移してから作業をしてください。バケツや水が漏れないゴミ箱などに、便器に溜まっている水を半分程度移します。それから、ラバーカップを使用します。

水がある程度たまっている状態で、ラバーカップを排水口へ当てて、押す、引く、押す、引くを繰り返します。
このとき使い方ですが、押した後に「強く引く」が重要です。

強く押すよりも、強く引いた方が水を大きく動かすので、汚物やトイレットペーパーをほぐしやすい。

何度も押し引きをすることで、汚物やトイレットペーパーが崩れて、いきなり流れるようになります。


このときに使うラバーカップですが、洋式便器で使うなら、下図の左の形状のを使った方が良いです。

トイレの洋式便器に使う適したスポイト・ラバーカップの選び方


左のタイプについて
洋式便器用の形状なので、洋式便器の排水口に密着させやすいです。
また、ゴムのお椀の部分の容積が大きいので、作業的に効率が良い。

左のタイプで、大きさが(小)と(大)があったら、(大)を買った方が良い。ゴムのお椀の大きさが大きいと、使ったときに汚水を揺さぶる量が(小)よりも大きいので効果的。

右のタイプについて
・洋式便器の排水口に密着させずらい。正しく密着させることができず、正しく作業ができていないことがあります。
・押し引きできる水や空気の量が少ないので、作業効率が悪い。
・右のタイプは、和式便器に向いています。あとは小便器。


トイレに便やトイレットペーパー以外の異物がつまってしまった場合

溶けない固形物(サングラス・サイフ・使い捨てカイロ・紙おむつ等)を流してしまった詰まり

サングラスやライターなどの固形物が管内に引っかかり詰まりの原因の場合。紙類のつまりと違って、高くなった水位が長時間放置しても下がらない場合が多いです。

汚物やトイレットペーパー以外の溶けない物(財布、時計、携帯電話など)の場合は、便器を取り外して、原因の物をとる必要があります。(便器の取り外しは技術的に業者でないと不可。また、取り外した便器を再設置するときに、新しい部品を使う場合があるので)

【対処】洋式便器を取り外して、詰まった物を除去するのが一番早い
業者の作業時間は30分~2時間程度です。

流してしまった原因を分かっている場合、業者に正直に言った方が、解決は早いです。

自分のミスを恥じて、ごまかして「原因が分からない」「トイレットペーパーを一度に多く流してしまった」などと、嘘をついて原因を言うと、業者は大抵ラバーカップを試します。その後、見当外れな対処を色々試みたりして、作業がやたらと長引く場合があります。

あらかじめ、「携帯電話を流してしまって流れが悪くなった」と言えば、業者は最初からその異物の除去作業に移ります。


トイレの流れが遅くなった気がする場合

便器と排水パイプがつながっている部分に、異物(汚物やトイレットペーパー以外のもの。財布・携帯電話・ライター・紙おむつ・使い捨てカイロなど)が引っかかってしまった場合、流れが悪くなることがあります。

その場合、スポイトを使ってみるか、便器を取り外して異物を取るしかありません。

スポイトを使用することで、引っかかっている使い捨てカイロなどが外れて流れていって、不調は改善するかもしれません。
しかし、スポイトで揺さぶることで、便器の中に異物が詰まってしまい、完全にトイレが詰まってしまう可能性があります。
また、引っかかっていた異物が外れて流れていったとしても、屋外の排水マスの中や配管の途中で引っかかって、排水マスに汚水が溜まってあふれる原因になるかもしれません。


上へ戻る




レストラン・ホテルなどの飲食施設の厨房の流し台・側溝の排水の不調

流し台の排水の不調の原因は主に排水パイプに蓄積した油汚れです。

排水つまりの原因が油脂の場合

毎日、台所の流し台を使用します。すると、排水に混じっている油が塩ビ排水パイプの内側に日々少しずつ付着していきます。

排水パイプの内側に付着した油汚れは、ドロドロな状態になっています。この油汚れが、月日を経過すると、硬く固まります。この固まった油汚れに油が付着し、さらに固まって、固まった油汚れの層が、徐々に厚くなっていきます。

固まった油汚れの層が厚くなると、排水の流れ道が細くなってしまいます。排水の流れ道が細くなってしまうと、排水がスムーズに流れなくなってしまいます。
不調が発生しやすい排水環境のイメージ

レストランなどの厨房でグリーストラップが設置されている場合においても、側溝からグリーストラップまでの排水パイプの内側には油が付着し続け、流れの不調の原因となります。

長年かけて徐々に油汚れが溜まっていく場合、相当汚れが蓄積しないと不調が起こりません。

側溝に設置されている塩ビの排水パイプは太く、排水の流れ道が広いので、固まった油汚れの層がかなりひどい状態になるまでは、日常の使用で困らない程度に流れ続けます。なので、流れにくいという不調が発生したときには、固まった油汚れがかなりひどい状態です。

また、特に、流しの排水口から側溝へ流れていく間の排水配管の部分に汚れが多く蓄積します。トラップの下の排水ホースの部分から側溝までの塩化ビニールの配管内に油汚れが多く溜まって、側溝までスムーズに流れなくなってしまうことがあります。

流れが遅いといった不調を感じたら、いつ詰まってもおかしくない危険な状態ですので、早めに対処したほうがいいです。

流れが遅いということは、排水パイプに油汚れが多量に付着していて、排水の通り道がかなり細くなっている状態です。排水が流れずに溜まってしまい不便になります。また、野菜くずが流れていっただけで、排水の通り道をふさいで完全に詰まってしまう可能性があります。詰まりやすい排水環境になっていると、
思っていもいない程度のゴミが流れていっただけで排水が詰まってしまいます。

排水ホースから先に、油汚れが多く付着している場合は、流し台で多くの排水を一気に流したときに、排水の流れていくのが間に合わず、排水が差し込んである排水ホースの隙間からあふれることがあります。

側溝から先の排水配管に油汚れが多く付着している場合は、側溝内の排水をスムーズに排水できず、側溝からあふれてしまいます。

営業中にこのような事態になる場合が多いので、排水の流す量を制限せざるおえなくなり、流し台が通常のように使用できなくなり営業に影響が出ます。

トラブルは起こってほしくない営業中に起こるものなのです。

たいていの場合、仕込みのときよりも営業中の方が排水が多いので、営業中に詰まる可能性が高くなります。開店前の仕込みの時間に排水が詰まっても何とかなりますが、営業中にいつも通りにガンガン排水を流しているような時に限って排水が詰まったりするんです。

そうなると結構大変です。経験されたことがある方は二度と経験したくないはず。

トラブルが発生してから対処するしかないと誤解されている方が結構おられます。

なっちゃうものはしょうがない、詰まったら業者に頼めばいい、簡単に防ぎようがない、予防法なんか考えたこともない、といった感じで、
トラブルが起こるまでほったらかしにしておくことが一般的となっています。知っている方は、簡単な作業で不調が起こらないように予防しています。


●一般的に行われている対処法

飲食店やホテル等の厨房で行われている一般的に知られている排水の流れが悪いときの対処法を解説いたします。

苛性ソーダ系パイプクリーナーを定期的に使っての対処、業者に清掃を依頼する対処

業務用苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)系パイプクリーナー、たとえばパイパスを使用して、排水の流れをスムーズに改善します。この方法は即効性があり、自分で簡単にできる対処法なので、多くの施設で行われています。

早急に油汚れを分解できるので、不調が現れなくても定期的に使用して、汚れを除去することで、排水の通り道を確保する予防法です。何もしないよりかなり効果的な予防法です。付着したての油汚れは柔らかい状態の汚れなので、薬剤で分解しやすいです。

しかし、
苛性ソーダ系パイプクリーナーを使っても応急処置的でいつ詰まってもおかしくない排水環境のままである可能性がある。

付着した油汚れは年月がたつと硬く変質してしまいます。この変質した油汚れは、高濃度の苛性ソーダ系パイプクリーナー「パイパス」を使っても分解は難しいです。また、排水パイプの奥の方には薬液が届きにくく、奥の方に油汚れが蓄積したままになっているので、奥の方が詰まりやすくなってい可能性があります。

流れが悪くなるほど油汚れが付着している排水があるとします。この排水は長年使用されてきました。付着した油汚れの大部分が硬く変質してしまっている場合、排水の細い通り道をかろうじて流れているような状況です。この状態の排水にパイパスを使用すると、付着して間もないやわらかい油汚れは分解して除去できます。しかし、変質して硬くなった油汚れは分解できないので、細い通り道をなんとか維持しているようなものです。排水環境の状態にもよりますが、詰まりそうな排水環境を詰まらないように応急処置し続けているような対処法ということです。

この業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを定期的に使用して、排水がスムーズに流れていくのを維持できているのであれば、詰まることは無いかもしれません。しかし、
いつ詰まってもおかしくない排水環境である可能性は否めません。長年何も対処をせず排水を使用し続けていたことがあったのであれば、その間に付着した油汚れが硬く変質して付着し続けている可能性があります。また、業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを定期使用しているということは、以前に排水が流れにくくなったり、詰まったりしたことを経験していると思われます。そういった不調が発生するまでに蓄積した何年分もの油汚れは硬く変質している可能性があります。つまり、排水の通り道が細いままで、いつ詰まってもおかしくない排水環境を維持しているだけの可能性有りです。

一度、業者に清掃を依頼したあとに、業務用苛性ソーダ形パイプクリーナーを定期使用するのは効果的な予防法だと思います。業者が清掃をしたことで、排水の通り道は広く改善されています。毎日付着する油汚れがやわらかい状態のうちに、パイプクリーナーを使用することである程度分解できるので、油汚れの蓄積を遅らせることができます。

≪業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを使った一般的な対処法の長所≫
・自分で簡単にできる。業者に頼まなくていいので低コスト。
・即効性がある。ほとんどの場合、この対処だけ流れがスムーズになる。

≪業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを使った一般的な対処法の短所≫
・応急処置的な対処法
・短期間で不調が再発する可能大。
・硬く固まった油汚れは分解できないので、不調が発生しやすい排水環境を改善できない。

即効性があるので、詰まってしまわないように定期的に使用し続ける厨房が結構ございます。一回使用すると、ある程度のあいだ不調は再発しません。そういったことから、不調が起こる前に、定期的に使用し続けることで、詰まらないように維持している厨房の方が結構多いのです。

厨房で流れが悪いといった不調が出たときは末期症状的な排水環境です。このような排水環境に業務用苛性ソーダ形パイプクリーナーを使っても、応急処置をしているだけです。排水環境は不調が再発しやすい・詰まりやすいままです。

不調が起こりやすい排水環境を改善することは自分でできるんです。

厨房関係者の方の多くが、業者に頼まず自分でやる別の対処法を知らないのが現状です。排水環境の効果的な改善法があるのですが一般的に知られておりません。その方法とは、ビーエヌクリーンを使う方法です。

いつ詰まってもおかしくない排水環境の原因の硬く固まった油汚れを除去して、不調が発生しにくい排水環境に改善する対処が最善だと思います。業者に依頼するのも一手です。

苛性ソーダ系パイプクリーナーを使って急速に流れが改善され、汚れの大部分が除去されたと誤解している人が多いです。

苛性ソーダ系パイプクリーナーを使用すると、早急に排水の流れが良くなるので、もう大丈夫と安心している方が多くおられます。排水パイプの中の汚れの大部分が分解されてスッキリ改善されたものと思っている方が多いのです。大きな誤解です!大部分の硬くなった油脂汚れはそのままなので、不調が再発しやすい排水環境のままなのです。

定期的に使用していても、基本的に応急処置を繰り返しているだけのようなものなので、いつ詰まってしまうかわからない危険な状態と言っていても過言ではなと思います。


●店長がすすめるの対処法

ビーエヌクリーンを使用して、硬く固まった油汚れを分解して、不調が発生しにくい排水環境へと改善します。

苛性ソーダ系パイプクリーナーと違って、BN菌という微生物が、硬くなった油汚れを徐々に分解していきます。1~3ヶ月間定期的に使用していただく必要がありますが、徐々に着実に分解していき改善することができます。

現在、流れが遅いといった不調がある状態なら、こちらを参考にしていただき、
パイパスを併用したビーエヌクリーンの定期使用をおすすめします。

ビーエヌクリーンとパイパスのお買い得セット まず、パイパスを使用して流れをよくしてから、ビーエヌクリーンを使って不調が起こりにくい排水環境へと改善します。

ビーエヌクリーン1kg×1個+パイパス1kg×1本


上へ戻る









  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス