業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム◆つまり図<あぶら編>

つまり図排水パイプに油汚れが固まってが蓄積していく様子

排水用塩ビパイプの継手の様子 ■排水管の種類

排水パイプの種類は主に、樹脂タイプ(塩化ビニール製)と鋳鉄管があります。塩化ビニールのものが主流です。

一般住宅では、樹脂タイプがほとんどです。 排水パイプは、パイプの切断部分にバリ(ささくれのようなもの)が少なからずあります。

また、パイプを組むときに接着剤を使用しているので、接着剤がパイプの内側にはみ出て固まります。場合によってはトゲ状に固まって、髪の毛などが引っかかりやすいバリとなります。

パイプ切断先端のバリは、バリ除去の道具を使って除去します。しかし、多くの場合きれいに除去できません。髪の毛などが引っかかる程度の小さいバリが残ってしまうことが多いです。

樹脂管は樹脂用ノコギリで手で切ることもあり、この断面は非常にザラザラしているので、髪の毛や汚れが引っかかりやすい箇所になります。

排水パイプに油汚れが付着して固まっている様子 ●排水パイプにある程度油汚れが蓄積した様子

排水配管の内壁に、家庭排水などに含まれる食用油や食べかすなどが付着します。この付着した油は、年月をかけて蓄積して固まっていき、層が厚くなっていきます。

付着したてのやわらかい油汚れに雑菌が繁殖して、悪臭・異臭の原因となります。


付着した汚れから発生したヌメリにも引っかかる

付着した汚れはデコボコしているので、そのデコボコに野菜くずやゴミなどが引っかかりやすくなります。また、雑菌が繁殖して発生したヌメリにも汚れが引っかかりやすくなります。
日月が経過して、油汚れの層が厚くなっていった様子 ●蓄積した油汚れにさらに蓄積した様子

さらに、油や汚れが付着して、層が厚くなっていきます。そして、最終的には排水がつまってしまいます。

長年かけて蓄積したことで、だいぶ前に固まった油汚れは硬く変質しています。この硬く変質した油汚れが一般的なパイプクリーナーで除去するのは難しいです。

一般的な家庭向けパイプクリーナーは、付着したてのやわらかい状態の油汚れを分解できます。しかし、硬くなった油汚れには作用しにくく、家庭向けパイプクリーナーだけを使って、詰まりにくい排水環境へ改善できないことがあります。

付着したての汚れを分解できるので、家庭向けパイプクリーナーを定期使用することで、詰まらないように維持することはできます。しかし、蓄積した油汚れの大部分が硬く変質している場合、その部分はほぼ分解できていないので、不調が再発しやすい排水環境のままです。このような排水環境に家庭向けパイプクリーナーを常用しても応急処置に過ぎません。


年月がたって硬く変質した油汚れを除去するには、ワイヤー清掃かビーエヌクリーンの定期使用をおすすめします。ビーエヌクリーンのBN菌によって、硬く変質した油汚れを少しずつ分解・除去できます。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス