業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム●トイレのつまり



※原因は様々です。業者が詳しく調べ、対処をしないと状況が悪化する恐れがあります。自己判断・自己責任でご参考下さい。記載以外の対処方もございます。
※下記対処を行って、状況が悪化しても当方は責任を負いません。参考程度の説明なので、自己判断・自己責任でお試し下さい。
※配管の施工やトイレの取り付けなど、構造自体に問題があった場合、下記対処方をやっても無駄な場合もございます。




一般住宅のトイレの流れの不調を改善するパイプクリーナー(薬剤など)は存在しません。業務用でも存在しません。一般住宅のトイレの流れの不調を招く原因はパイプクリーナー等の洗浄剤で溶かして改善されるような物ではないからです。

業者の私でも、トイレの流れの改善する洗浄剤を聞いたことがありません(私が知らないだけかもしれませんが)。何百回とトイレの流れの改善をしていますが、パイプクリーナーを使用したことは一度もありません。












基本的には、便器自体の流れ道の途中に物が詰まって不調が発生します。あとは、便器と排水パイプがつながっているの部分です。この部分に出っ張りがある場合、物が引っかかることがあります。

便器の先の塩化ビニール(グレー色のプラスチック)の排水パイプの途中に便やトイレットペーパーが引っかかって詰まることは、非常にまれです。

それよりも、屋外の排水マスの部分で、流れの妨げやトラブルがあり、便やトイレットペーパーが蓄積すると、流れにくいといった症状が現れることがあります。その場合は、排水マスをチェックすれば、便が溜まっていたりする場合が多いので簡単に分かると思います。









多量の紙・排泄物を一気に流そうとしたときに詰まります。

スポイト・ラバーカップと呼ばれる道具で、汚水に圧力を掛け、汚水を揺さぶって、汚物やトイレットペーパーの塊を崩して流れるようにします。

スポイトで詰まりを解消する原理は、 スポイトを押したり引いたりすることで、詰まり物のまわりの水をゆさぶって、詰まっている物を「やわらかく・ほぐす」ことで流れるようにし詰まりを解消させます。

便器に溜まった水が、便器のふちのギリギリまで溜まっている場合は、バケツなどにある程度移してから作業をしてください。バケツや水が漏れないゴミ箱などに、便器に溜まっている水を半分程度移します。それから、ラバーカップを使用します。

水がある程度たまっている状態で、ラバーカップを排水口へ当てて、押す、引く、押す、引くを繰り返します。
このとき使い方ですが、押した後に「強く引く」が重要です。

強く押すよりも、強く引いた方が水を大きく動かすので、汚物やトイレットペーパーをほぐしやすい。

何度も押し引きをすることで、汚物やトイレットペーパーが崩れて、いきなり流れるようになります。


このときに使うラバーカップですが、洋式便器で使うなら、下図の左の形状のを使った方が良いです。




左のタイプについて
洋式便器用の形状なので、洋式便器の排水口に密着させやすいです。
また、ゴムのお椀の部分の容積が大きいので、作業的に効率が良い。

左のタイプで、大きさが(小)と(大)があったら、(大)を買った方が良い。ゴムのお椀の大きさが大きいと、使ったときに汚水を揺さぶる量が(小)よりも大きいので効果的。

右のタイプについて
・洋式便器の排水口に密着させずらい。正しく密着させることができず、正しく作業ができていないことがあります。
・押し引きできる水や空気の量が少ないので、作業効率が悪い。
・右のタイプは、和式便器に向いています。あとは小便器。




溶けない固形物(サングラス・サイフ・使い捨てカイロ・紙おむつ等)を流してしまった詰まり

サングラスやライターなどの固形物が管内に引っかかり詰まりの原因の場合。紙類のつまりと違って、高くなった水位が長時間放置しても下がらない場合が多いです。

汚物やトイレットペーパー以外の溶けない物(財布、時計、携帯電話など)の場合は、便器を取り外して、原因の物をとる必要があります。(便器の取り外しは技術的に業者でないと不可。また、取り外した便器を再設置するときに、新しい部品を使う場合があるので)

【対処】洋式便器を取り外して、詰まった物を除去するのが一番早い
業者の作業時間は30分~2時間程度です。

流してしまった原因を分かっている場合、業者に正直に言った方が、解決は早いです。

自分のミスを恥じて、ごまかして「原因が分からない」「トイレットペーパーを一度に多く流してしまった」などと、嘘をついて原因を言うと、業者は大抵ラバーカップを試します。その後、見当外れな対処を色々試みたりして、作業がやたらと長引く場合があります。

あらかじめ、「携帯電話を流してしまって流れが悪くなった」と言えば、業者は最初からその異物の除去作業に移ります。




便器と排水パイプがつながっている部分に、異物(汚物やトイレットペーパー以外のもの。財布・携帯電話・ライター・紙おむつ・使い捨てカイロなど)が引っかかってしまった場合、流れが悪くなることがあります。

その場合、スポイトを使ってみるか、便器を取り外して異物を取るしかありません。

スポイトを使用することで、引っかかっている使い捨てカイロなどが外れて流れていって、不調は改善するかもしれません。
しかし、スポイトで揺さぶることで、便器の中に異物が詰まってしまい、完全にトイレが詰まってしまう可能性があります。
また、引っかかっていた異物が外れて流れていったとしても、屋外の排水マスの中(や途中)で引っかかって、排水マスに汚水が溜まってあふれる原因になるかもしれません。






  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス