業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム業者にワイヤー清掃を依頼したけど、高圧洗浄をすすめられたときのアドバイス

業者にワイヤー清掃を依頼したけど、高圧洗浄をすすめられたときのアドバイス

※下記は個人的な見解ですので、下記の説明を参考に行動をして損害が生じても一切の責任を負いかねます。自己責任・自己判断で行ってください。

業者によっては、高圧洗浄をすすめる場合がございます。排水環境によっては高圧洗浄でないと改善できない場合や、どうしても必要な排水環境の場合がございます。このような場合は、高圧洗浄を検討してもいいと思いますが、ビーエヌクリーンを使用すれば、時間と手間がかかりますが、自分で改善できる場合が多いです。

このページで最も言いたいことは、
「金儲け目的で高圧洗浄をすすめる業者がいる」という点です。

高圧洗浄のほうがワイヤー清掃より作業費(清掃費用)が高額ので、「高圧洗浄をした方がきれいになりますよ」といった感じですすめる場合がございます。ワイヤー清掃の場合の費用と、高圧洗浄の場合の費用をあらかじめ聞いて、ご検討ください。

もし、高圧洗浄をすすめられた場合、「ワイヤー清掃では流れが良くなりませんか?」と聞いてみるのもいいかもしれません。「ワイヤー清掃でも流れは良くなりますけど・・・」といった返答があれば、ワイヤー清掃を依頼すれば十分だと思います。業者が「高圧洗浄の方がきれいになりますよ」と言うのは、まったく間違っていません。ワイヤー清掃より多くの汚れを除去できるのは事実です。

しかし、その(ワイヤー清掃でなく高圧洗浄をする)必要があるかというと疑問です。高圧洗浄をしたからといって、数年不調が起こらないという保障はありません。除去できずに残った汚れがある箇所や、汚れがたまりやすい箇所に汚れが蓄積していって、数ヶ月程度で不調が再発するかもしれません。ワイヤー清掃をした場合も同様に、数ヶ月程度で不調が再発するかもしれないのです。

高圧洗浄は、ワイヤー清掃より多く汚れを除去できるので、高圧洗浄の方が不調が再発しにくい排水環境へ改善されている確率は高いです。なので、費用的に納得できれば依頼すればいいと思います。


私の個人的な考え方ですが、例えば、
1回の高圧洗浄で10万円の費用を払うのであれば、不調が起こったときにそのつど2万円のワイヤー清掃をしてもらった方がいいと思います。

1回の清掃費がワイヤー清掃は2万円、高圧洗浄は10万円と仮定します。高圧洗浄1回分の10万円で、ワイヤー清掃を5回依頼できることになります。ワイヤー清掃をやってから2年くらいで不調が再発したとすると、2年おきに1回ワイヤー清掃を依頼して、10年間で計10万円支払って不調を改善しながら排水を使えたということになります。一方、1回10万円の高圧洗浄を依頼した場合、10年間不調が起こらなければいいですが、10年経つ前に不調が起こったとすると、ワイヤー清掃の場合と比べ、割に合わない結果になってしまいます。

この例の通り、高圧洗浄を依頼して10年程度で不調が起こったとすると、業者とのやりとりが10年に1回です。ワイヤーブラシ清掃を依頼して2年程度で不調が起こるとすると、業者とのやりとりが10年で5回になります。業者とのやりとりや対応をする手間が高圧洗浄のほうが少ないという点がメリットかもしれません。

また、
はっきり言います。費用をかけたくない場合や学生一人暮らしのアパートなどの場合は、ワイヤー清掃で流れが良くなるようにしてもらえば十分です。

排水清掃費が自己負担の借家(アパート・マンションなど)の場合は、お金は極力かけたくないですし、借家の排水配管を高圧洗浄できれいにする義理もありませんし。ワイヤー清掃を依頼すれば、たいていの場合数年は不調が起こらないと思いますので、不調が再発するころにはそこに住んでいないでしょう。

※アパートなどの排水トラブルの場合の業者清掃費用が住居人の自己負担か、大家や管理人が負担するかどうかは、借りる契約をする前に管理不動産屋さんへ確認しておくことをおすすめいたします。

※現在、借家に住んでいる方で、業者へ依頼の排水清掃作業費を住居人が負担するかどうか分からない場合は、排水トラブルが起こる前に管理不動産屋さんなどに聞いて知っておいたほうがいいと思います。この点は、入居のときの契約書で決められていることが多いです。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス