配管業者の私が実際に使っている厳選の2品のみ販売 | ビーエヌクリーンかパイパスで詰まりを改善できます

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホームユニットバスのつまり

ユニットバスの詰まり、不調の原因について

ユニットバスのつまりの原因は様々です。

  • 排水パイプの汚れ
  • 排水トラップの汚れ
  • 排水ますの問題
  • 排水パイプに異物が引っかかっている
  • 排水配管の施工の問題
  • 排水トラップの破損・故障
など、ほかにも要因がございます。

このなかで、ユニットバスの排水が詰まってしまう、排水の流れが遅いといった症状の場合、最も可能性が高い要因は、排水パイプの汚れです。

まず、原因がある主なところについて説明していきます。

ユニットパスの排水から下水への様子

①②③の順番は特に意味はありません。
問題の箇所を赤色で表しています。


①排水パイプの汚れについて

流れが悪いといった不調が起こった場合、髪の毛が原因であることが多いです。

ユニットバスの排水が髪の毛によって流れが悪くなっている様子

この場合の対処はこちらで解説しております。ご参考ください。
ユニットバスの排水の流れが遅い・悪い理由


次に考えられる原因は、汚れの蓄積です。ユニットバスを長年使用することで、人の油やアカ・髪の毛などの汚れが徐々に蓄積していきます。この蓄積した汚れによって、排水の流れ道が狭くなり、流れが悪くなります。

付着したては水分を多く含んでいるので、やわらかい状態の汚れです。こういったやわらかい状態の汚れは家庭向けパイプクリーナー(薬剤)を使用することで、だいぶ除去できます。多めに家庭向けパイプクリーナーを投入してみてください。不調が特に無くとも、定期的に予防がてら家庭向けパイプクリーナーを投入しておくことで、付着したやわらかい汚れを分解して、不調が発生するのを防ぐ、もしくは不調の再発を遅らせることができます。

付着した汚れは長年時間が経過すると、硬く変質してしまいます。この硬く変質した汚れは家庭向けパイプクリーナーではなかなか分解できません。このような状態になった場合、硬くなった汚れを除去しないと流れがスムーズに改善しません。

業者に依頼して早急に改善・自分でパイパスを使って早急に改善・ビーエヌクリーンを使ってじっくり改善

最も手間がかからず確実な方法は、業者に依頼することです。業務用ワイヤーブラシでガリガリと、汚れを削って除去します。業者はできるだけ早く、限られた数時間で流れを改善させようとします。

一方、自分で何とかする方法は、汚れに適したパイプクリーナー(薬剤)を使用することです。これが一般の方で行える現実的な対処法だと思います。

業者に依頼した場合、その日の夜からスムーズに排水されるお風呂を使用できるようになるでしょう。一方、自分で対処する場合は、数十分~数時間で改善することもありますが、状況が悪い場合は数日~数週間時間をかけて流れを改善させます。汚れの状態・状況によりますが、パイパスを1回使用すれば、多くの場合は流れがある程度改善すると思います。パイパスを2,3回使ってみても、流れがスムーズにならないのであれば、汚れの大部分が硬く変質してしまっている可能性があります。こういった汚れはワイヤーブラシでガリガリと削り取ることで、比較的早く不調が改善されます。自分でビーエヌクリーンを定期的に使って徐々に汚れを分解して改善させていくこともできます。

ユニットバスの排水にワイヤーブラシを使うのおをすすめしない理由

私の個人的な意見ですが、ワイヤーブラシを使った対処はおすすめしません。ユニットバスの排水口に設置されている排水トラップはそのままの状態ではワイヤーブラシを通しにくい構造になっています。無理やりワイヤーを突っ込むと、プラスチック製のトラップに傷をつけたり破損させる恐れがあります。道具とテクニックで排水トラップの一部分(部品)を取り外すことでワイヤーをスムーズに差し込めるようになります。

排水トラップの部品を取り外す作業の手間や大変さ、ワイヤーブラシを準備する・使用する手間や大変さなどを考慮すると、自分でワイヤーブラシを使った対処をするのはおすすめできません。というか、こんな面倒なことをしなくても適したパイプクリーナーを正しく使えば済むことです。


下の症状について、不調が起こる仕組みをくわしく解説しております。

一般的な家庭向けパイプクリーナーを使用しても流れが改善されなかった理由

ユニットバスで排水口から排水が逆流してくる理由


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス