業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム厨房排水の構造 排水ホースを差し込んであるところから排水があふれたり悪臭がする

排水ホースを差し込んである排水パイプの部分から排水があふれたり、悪臭がする原因について

※原因の可能性のひとつですので、このページで解説する以外の原因も考えられます。

流し台と床に埋まっている排水パイプの様子 業務用厨房の排水配管は、床から突き出ています。そのパイプの穴に排水ホースが差し込んであるだけの場合が多いです。ホースとパイプの周りはブカブカで隙間が空いています。その隙間をテープなどで目張りしてあることも多いです。

なかには、しっかりとパイプとホースが取り付けられていることがあります。

※半透明の緑色の四角は厨房の床を表しています。

業務用厨房の床下にある排水配管には、トラップがついていない場合が多いです。下水本管やグリーストラップに直結されているものが多く、排水配管内の汚れによる悪臭が隙間から出てくることが多いです。


排水ホースが排水パイプに差し込んである流し台を横から見た様子 なので、この隙間・・・
●赤丸の部分ですが、多くの厨房では、幅広のビニールテープやガムテープなどが隙間のできないように張ってあります。

すきまをテープでふさぐことで、排水パイプ(また、排水本管・グリーストラップなど)からの悪臭・排水臭が出てくるのを防いでいます。

しかし、
しっかりテープがうまく張られていることは少なく隙間があることが多いので、その隙間から悪臭が出てきます。

さらに、長年たってテープが劣化して、粘着力が弱まり剥げたりして隙間ができます。

また、テープがしっかり張ってあったとしても、排水が流れるときに水の流れにパイプ内の空気が引かれるので、テープもパイプの内側に引っ張られます。この
排水の流れによる引っ張りを何度も繰り返すことで、テープは劣化し、粘着力が低下したりして隙間ができるのです。

また、排水パイプに油脂汚れが長年かけて蓄積していくことで、流れが悪い排水環境となります。排水パイプの流れが悪いと、流し台の排水がスムーズに流れないので、止めてあるテープの部分に水圧がかかります。これを繰り返すことでさらにテープが剥がれやすくなります。

テープに隙間ができていて、スムーズに流れなかった場合、隙間から排水があふれ出ます。
流し台の下で、たまに少しあふれる程度の場合は気づきません。

また、厨房の床には側溝がある場合が多いので、排水ホースが差し込んであるところから少々排水があふれていても、最終的に側溝から流れていくので、問題に気づきにくいと思います。


油汚れによる排水の不調を放置しておくと、さらに油汚れが蓄積して排水の流れが悪くなっています。いつ詰まってもおかしくない排水環境になります。最終的には詰まって、排水が流れなくなってしまいます。


完全に排水パイプが詰まってしまった場合、応急処置で排水ホースを側溝や他の排水パイプへ伸ばし差し込んでおければいいですが、都合よく排水ホースを延長できない場合がほとんどです。つまり、その流し台は使えない状態になってしまうのです。

こういった事態は、排水を使っている(厨房が)稼働中になることがほとんどです。流し台はそれぞれ役割・分担が決まっていることが多いので、流し台が1つ使えなくなることで非常に困ります。


■このように流れなくなった排水に行う一般的な対処

ワイヤードレンクリーナーなどを使用して、詰まりの原因を早急に砕き、一刻も早く流れるようにします。

詰まってから、もしくは詰まる前に、一度ワイヤーブラシ清掃をすると、パイプの内側の油汚れをある程度削り取れるので、流れがスムーズになります。

しかし、多くの場合、ワイヤー清掃はその場しのぎの応急処置です。
除去された汚れはほんの一部分です。ワイヤーが届かなかったところ、ワイヤーが通り過ぎたがブラシが触れなかったところには油汚れが固まったままです。

つまり、除去できなかったところや、配管の構造上たまりやすいところに油汚れが蓄積して、数週間程度で再発することがあります。

このような排水環境には、ビーエヌクリーンが適しています。

ビーエヌクリーンを定期使用することで、排水配管の蓄積した油汚れを全体的に除去していきます。数ヶ月使用することで、不調が再発しにくい排水環境へと改善されます。また、定期使用を続けることで、その状態を維持できるので、油汚れによる不調の予防ができます。


上へ戻る



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス