配管業者の私が実際に使っている厳選の2品のみ販売 | ビーエヌクリーンかパイパスで詰まりを改善できます

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム※ビーエヌクリーンを過量で使いすぎると、逆に詰まってしまう理由

※注意※
ビーエヌクリーン
を適量以上(過剰に)使用すると、急速に油脂を分解してしまい、剥がれ落ちた油脂の大きな塊によって排水が詰まってしまう可能性があります。

■応急処置でつまりを解決したいときには、
苛性ソーダ系パイプクリーナー『パイパス』

■時間がかかっても、詰まらない排水管に改善するには、

バイオパイプクリーナー『ビーエヌクリーン』

 

 つまりの原因は、(油脂)汚れの層が厚くなり、 排水の流れ道が細くなったからです。
 ビーエヌクリーンを適量以上、水に溶かして使用し続けた場合、多量のBN菌が油脂を急速に分解してしまいます。

油脂の層を急速に分解した場合 油脂の層がゴソッと剥がれ落ちることが あります。
 
この剥がれた油脂の塊が、 細くなっている排水の流れ道に詰まって しまうことがあります。
 
●剥がれた油脂の塊で詰まった場合の対処法
 この場合の詰まりは、完全に通り道にフタをする詰まりではないので、ほんの少しでも水は流れていきます。 ほんの少しでも水が流れていく場合は、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム系)パイプクリーナーを投入して、つまりの原因を溶かします。
 苛性ソーダ系パイプクリーナーは、水でやわらかくなっている最近付着した油脂等の有機物を分解できるので、緊急のつまりの改善に使用します。
 
苛性ソーダ系パイプクリーナーで、長年かけて硬く固まった油脂の層を分解するのは難しいです。

 
硬化した油脂の層を分解することで、つまりにくい排水管にすることが大切です。BN菌が時間をかけて徐々に分解していくので、
バイオパイプクリーナー『ビーエヌクリーン』の使用をおすすめしております。


■ビーエヌクリーンが即効性でない理由
BN菌は湿気(水分)・温度(温かめ)の環境で、油脂をエサとして繁殖します。
この繁殖したBN菌が徐々に油脂を分解していくので時間がかかります。

苛性ソーダ系パイプクリーナーは化学反応をして急速に油脂を分解するので、即効性があります。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス