業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム台所の排水の対処【溜まった排水が時間が経っても全然減らない場合】

台所やキッチンのシンクや流しの排水の対処


排水が流し台に溜まってしまって、数時間そのままにしておいてもほとんど減らない場合、パイプユニッシュやパイプマンなど一般住宅向け液体パイプクリーナーは使用しないで下さい。
業務用パイプクリーナーのパイパスも使用してはいけません。

排水が少しでも流れていかない場合、パイプクリーナーを使用しても効果はありません。

それよりも


業者が作業をするときに薬液が混ざった排水が飛び散ったりして危険なので、薬液混じりの排水を抜き取って、水で薬液を洗い流して、水を抜き取ったり。業者の手間が余計にかかって、作業時間が長くなるので作業費用が高くなってしまいます。

台所やキッチンのシンクや流しの排水トラブルの対処
台所やキッチンのシンクや流しの排水トラブルの対処
台所やキッチンのシンクや流しの排水トラブルの対処





数時間待っても、溜まった排水が減っていかない場合、パイプクリーナーは使ってはいけません。

この場合は、詰まりの原因の箇所までワイヤー送り込んでいき、原因の食べかすや汚れを砕いて、排水の通り道を作ります。

業者でも基本的には詰まりの原因の箇所は分かりません。そのため、業者は詰まっている箇所を通過するであろうという奥まで、ワイヤーをドンドン送り込んでいきます。たいていの場合、一般住宅なら5m~15mもワイヤーを送り込めれば、詰まりの箇所は貫通しているので流れるようになります。

長くワイヤーを送り込んだ後に水を流してみて、溜まらず流れていったら、ワイヤーを回収して作業終了です。




後に、自分で「詰まる心配のない排水環境」に改善するのであれば

業者に依頼するとき、「流れるようにだけして欲しい」といった様な依頼で十分かと思います。その理由と説明は長くなるのでこのページでは省きます。

流れるようにだけしてもらった場合は、
その後に、詰まる心配のない排水環境にちゃんと改善しないと、数週間から数ヶ月で不調が再発したり、詰まってしまう可能性があるのでご注意下さい。





ワイヤーを通して、詰まりの原因を砕き、一応普通に流れるようになったあとは、
詰まる心配のない排水環境へ改善することをおすすめします。また、その良好な排水環境を維持することもできます。





排水パイプにワイヤーを通していき、流れるようになっても、汚れを十分除去できない箇所がどうしても残ります。

排水の通り道が比較的細いままのところに汚れが蓄積していき、数週間~数ヶ月で不調が再発する原因になります。

蓄積して年月がたって硬くなった汚れはパイプユニッシュやパイプマンを使っても分解できません

パイプユニッシュやパイプマンを大量に投入しても、年月が経って硬く変質した汚れは分解できません。強アルカリのパイパスを使っても分解できません。

ワイヤーで除去し残った汚れはビーエヌクリーンを定期使用することで少しずつ除去できます。

ビーエヌクリーンを定期使用することで、BN菌が汚れを少しずつ分解し続け、詰まる心配のない良好な排水環境へと改善されます。十分改善された後は、ビーエヌクリーンの分量と投入頻度を減らして定期使用することで、良好な排水環境を維持できます。


上へ戻る

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス