業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム厨房・台所排水のつまり
  *****原 因*****
排水溝に流す油脂・食べ物等が原因です。 油脂分は排水パイプ内側に付着し、時間を かけて硬化していきます。 その表面にまた油脂が付着し硬化していくので、徐々に油脂の層が厚くなり排水の 流れ道が細くなっていきます。  よって、長年かけて詰まりやすい状態に なっていきます。


詳しくはこちら
 
●水が普通に流れているが、詰まりやすくなってる状態で、詰まりが再発しない状態にしたい場合
ビーエヌクリーン(バイオ・微生物系)のパイプクリーナーを使用して、 硬化した油脂等の有機物を分解し、通り道を広げます。 苛性ソーダ系パイプクリーナーと違って、即効性はありません。しかし、苛性ソーダ系パイプクリーナーが分解できない、大部分のかたい油脂の層をBN菌が時間をかけて分解するので、詰まりが再発しにくい状態に改善することができます。効果が現れるまで 2週間~1ヶ月ほどかかります。

  -----対処法-----
バイオパイプクリーナー『ビーエヌクリーン』を使用して、硬化した油脂の層を徐々に分解して、詰まりにくい排水管状態へ改善する。
  粉末のビーエヌクリーンをぬるま湯にとかして、詰まりかけている排水口に流して放置します。
  流し込むタイミングは、1日の厨房の作業が終了したあとです。流し込んだ後は、できるだけ数時間水は流さないようにしてください。 数時間後、厨房が始動し水を流したとき、配管内のBN菌はある程度流れてしまいますが、流れていかなかったBN菌は分解をし続けています。

  ●完全に詰まった場合(原因が食べ物カスなどに限る)
 水の流れが無い場合、 応急処置で苛性ソーダ系パイプクリーナーを使用できません。 業者に頼むか、頼まないでどうにかするの2通りです。 業者に頼まない場合は道具が必要です。

 

-----対処法-緊急で手間をかけたくない場合-----
業者に頼みましょう。費用はかかりますが1時間程度で どうにかしてくれると思います。 業者のほとんどはこのように対処します。

■ワイヤー式ドレンパイプクリーナーを使用します。
 
長いワイヤーの先端に、らせん状のブラシ(スプリング)が付いて います。ブラシの付いたワイヤーの先端を、排水口から突っ込んで配水管の奥へワイヤーを送り込んでいきます。先端が詰まりの箇所にたどり着いたら、このブラシで詰まりの原因をガリガリ砕いて流れるようにします。

■詰まった部分の配管をバラして直す。
ワイヤー式が使えない場合(ワイヤーが届かない、配管が複雑でワイヤーが入って行かない等)で、詰まっているところが分かっている場合、その部分の配管をバラしてなんとかします。

-----対処法-自分でなんとかする場合-----

はじめに、業者に頼んだほうがいいです。
やることは業者と代わりません。 ワイヤー式ドレンパイプクリーナーを使用します。 配管に関する知識や経験がないとかなり大変です。取扱説明書を熟読して自己責任で行ってください。
 
ワイヤー式 ドレンパイプクリーナーは、手動式と電動式があります。1人で作業する場合は電動で無いとかなり大変です。 自分でやってみて詰まりを改善できない場合、業者に頼むことになるので初めから頼んだほうが絶対に無難です。

  ●少しずつでも水が流れている状態で、 緊急でスムーズに流れるようにしたい場合
 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム系)のパイプクリーナーを使用して、油脂等の有機物を分解し、通り道を広げます。 一時的に即効で詰まりやすい状態を改善することができます。 しかし、詰まりが再発するのは、数日後かもしれませんし、数ヵ月後かもしれません。

 

-----対処法-----
苛性ソーダ系パイプクリーナーを排水口に投入し、熱湯を注いで数十分放置します。
 苛性ソーダ系パイプクリーナーを投入することにより、詰まりの原因である有機物(食べカス・油脂)等を化学反応で分解します。熱湯を注ぐことで 油脂分などが化学反応しやすい状態になります。
 
応急処置として一時的に流れるようにするためには有効的な方法です。 付着したての油脂はやわらかいので(薬液の流れる部分のみ) 分解できますが、硬化した油脂の層の大部分は分解できません。

※これらの対処法などは自己責任で行ってください。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス