業務用パイプクリーナー | ビーエヌクリーンで排水の不調を改善!明治の業務用バイオパイプクリーナー

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム●苛性ソーダ形パイプクリーナーを何度も使っても硬くなった油汚れを除去できない理由

苛性ソーダ系のパイプクリーナーでは、年月がたって硬く変質した油汚れを除去できない理由


定期的に高頻度で苛性ソーダ系パイプクリーナーを使用していたとしても、大部分の汚れは分解できていなく、そのまま(詰まりやすい排水環境のまま)と考えていいでしょう。

さらに、
排水溝へ投入した洗浄剤(業務用の強力なパイプクリーナーなど)は、排水に溶けて流れていきます。奥のほうへ流れていくにしたがって、細くチョロチョロと洗浄液が流れていく程度です。なので、通り道の上側の汚れには洗浄液が付着しないので、細く流れた(付着した)ところの汚れしか分解できていません。


排水パイプの奥のほうの汚れへ洗浄液を行きわたらせる(汚れの広範囲に付着させる)のは非常に困難です。多量の洗浄液を一気に流したとしても、排水パイプの奥のほうでは細く流れる程度です。

苛性ソーダ系の洗浄液は、油汚れに付着した状態で、ある程度時間をおかないと十分に分解することができません。


さらに、硬くなった油脂汚れを苛性ソーダ系洗浄剤で分解することは非常に難しいです。定期的に使用した場合でも、イラストのような状態と考えてください。色が濃い汚れの部分(硬くなった油汚れ)は分解することができていない様子です。

苛性ソーダ系パイプクリーナーが作用する様子(厨房の排水配管の油脂汚れ)

硬くなった油脂汚れに洗浄剤が付着したとしても浸透しにくく、一時的に触れた程度ではほとんど分解できません。


硬くなった油汚れを除去し、詰まりにくい排水環境へ改善する方法として、高圧洗浄・ワイヤー洗浄・ビーエヌクリーンの使用するなどの対処が考えられます。こちらをご参考ください。
■厨房排水の構造 硬くなった油脂汚れを除去する方法・予防する方法



上に戻る


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス