配管業者の私が実際に使っている厳選の2品のみ販売 | ビーエヌクリーンかパイパスで詰まりを改善できます

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム【Q&A】 お風呂の排水溝のペットの毛にはパイパスがいいの?

【Q&A】 お風呂の排水溝のペットの毛にはパイパスがいいの?


Q
できれば家中ビーエヌで詰まりをなくせたらいいなと思っているのですが、我が家では大型犬2匹をほとんど毎日お風呂で洗うので、ものすごい量の抜け毛がパイプに付いていそうな気がしてなりません。
こういった場合は、パイパスの方がいいのでしょうか?(築1年半ほどです)



A 排水の毛には家庭向け苛性ソーダ系パイプクリーナーやパイパスが効果的です。

排水の流れに異常を感じたら、毛や汚れなどが蓄積している状態なので、家庭向け苛性ソーダ系パイプクリーナーやパイパスを使って毛などを分解して改善します。

排水の流れが悪い感じがしないのであれば、特に対処は必要はないかと思われますが、できれば不調が発生する前にパイプクリーナーなどの薬剤を使用することをおすすめします。


■不調が起こる前に使用する一例

パイプ内に付着や引っかかった毛に人の油やアカなどの汚れが付着・蓄積していきます。その汚れに雑菌が繁殖してヌメリが発生します。そのヌメリには髪の毛や汚れが引っかかりやすいので、髪の毛の汚れのかたまりが大きくなりやすくなります。

なので、髪の毛や汚れがあまり多く・大きくなる前に家庭向けパイプクリーナーやパイパスを使用することで、分解して除去できますので不調を未然に防ぐ効果があります。

不調が起こる前に家庭向け苛性ソーダ系パイプクリーナーを適切に使用するのであれば、
パイパスを使う必要はありません。

ここでいう家庭向け苛性ソーダ系パイプクリーナーの適切な使い方は私が提案する使い方ですので、こちらをご参考ください。予防(不調が起こる前)でしたら、ボトルの半分くらい注げば十分かと思います。
ユニットバスの排水の流れが遅い・悪い理由


◆ 補足

すごい量の毛が流れているようでしたら、排水配管に流れていかないようにするのも排水つまりを防ぐ手段の一つです。

髪の毛などが流れていかないようにするための特殊なフィルター(ネットのようなものなど)を排水口にセットすることで、毛が流れていかないようになります。ホームセンターに大抵あります。100円ショップにもあったりします。

しかし、このようなフィルターをセットした場合、毛が溜まったら取り替える必要があるので手間がかかるかもしれません。 なので、私の個人的な意見としては、そのまま排水へ毛を流してしまった方がいいと思います。※自己責任・自己判断で行ってください。

多量の毛を流してしまうので最善ではありませんが・・・。不調が起こる前に定期的にパイプクリーナーなどの薬剤を使って、毛を分解する方法が比較的手間がかからないと思います。


■定期的に使用する頻度について

ペットの毛や髪の毛の蓄積具合は、排水配管の構造や流れていく毛の量によって異なりますので何とも言えません。適当にご使用ください。

2ヶ月に1回使用するのもいいですし、半年に1回使用するだけでも十分かもしれません。半年に1回使用して、何の不調も起こらなければ、半年に1回で使い続けていただければ十分かと思います。

ならば、不調が起こらなければ年に1回でもいいのでは?と思われますが、おすすめしません。

年に1回の場合、蓄積した1年分の髪の毛や汚れを分解することになります。その場合、1回のパイプクリーナーの使用で、1年分の髪の毛や汚れを除去しきれるか分からないのです。除去しきれなかった髪の毛などが残っている場合、そこへ1年かけて髪の毛や汚れが蓄積します。つまり、次にパイプクリーナーを使うときには、(除去できずに残った髪の毛)+(1年分の髪の毛)がたまっていることになります。

当然、パイプクリーナーを使っても、その量の髪の毛を除去しきれずに残ってしまいます。それを繰り返すことで、徐々に蓄積していく量が繰り越しで増えていくことになります。そしていずれ流れが悪くなります。

※これは理屈なので、このようになるとは限りません。
髪の毛や汚れのかたまりが流れていってしまうかもしれませんし、パイプクリーナーで除去できるかもしれません。


上へ戻る
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス