配管業者の私が実際に使っている厳選の2品のみ販売 | ビーエヌクリーンかパイパスで詰まりを改善できます

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホーム台所の排水の対処【少しでも排水が流れる場合】

台所やキッチンのシンクや流しの排水の対処

完全に詰まってしまったらパイプクリーナーは使えません。

完全に詰まってしまう前なら自分で何とかできます。

そうならないために、流れが悪いと感じたらできるだけ早く対処をして下さい。

流れが遅い・流れるときに音がするなど症状が現れたら末期症状のようなものです。いつ詰まってもおかしくない危険な状態です。排水はまだ流れるんだから大丈夫、と安易に判断しないで下さい。

排水の流れが遅い気がしたらできるだけ早くパイプユニッシュなどパイプクリーナーを使って下さい
ワイヤーブラシを排水パイプに突っ込んでいくことで汚れを削り、排水の通り道を広げます
強アルカリ性のパイプクリーナーを定期的に使うことで不調を一時的に改善します
根本的に詰まる心配のない排水環境に改善します。
業者の私の経験をもとにした個人的な判断方法・対処方法です。対処方法は、排水環境によってそれぞれ異なりますので、自己責任・自己判断でご参考下さい。



流れが遅い・流れるときに音がすると気づいたらできるだけ早く一般向けパイプクリーナーを使うこと

流れが悪いといった不調を少しでも感じたら、
パイプユニッシュやパイプマンなどを、できるだけ早く使って下さい。
急に詰まってしまう危険性を少しでも下げるためです。
効果が感じられなくても絶対にやった方がいい。

付着・蓄積して日が経っていないやわらかい状態の汚れでしたら、一般住宅向けパイプクリーナーでそれなりに分解できます。通り道が少しでも広がると、不調の症状が一時的に現れなくなります。

パイプクリーナーを使った後の様子
パイプクリーナーで流れ道が少し広がって流れが良くなるが危険な状態のままです。


一般向け液体パイプクリーナーをボトル1本全部注いで1時間ほど放置して洗い流します。
↓はユニットバスの場合ですが、台所でも基本的に同じです。
ユーニードが提案する家庭向けパイプクリーナーの効果的な使い方
その後、数週間でまた流れが悪くなるようなら、蓄積している大部分の汚れが年月が経って硬く変質していると判断してもいいと思います。

このような排水環境に、何度も多量に一般向け液体パイプクリーナーを投入しても、状態③のような状態を維持できるだけで、大部分の硬く変質した汚れの部分は分解できていないままです。

パイプクリーナーで流れが良くなっても、数日~数週間で不調が再発する場合、ビーエヌクリーンを使うなど別の対処が必要です。
ワイヤーブラシを使って早急に流れるようにするバイオパイプクリーナーのビーエヌクリーンを使用して排水環境を改善する

上へ戻る



即日、すぐに流れを確実に改善したい場合は、ワイヤーブラシを送り込んで、排水の流れ道を広くする

早急に確実に流れを改善したい場合は、ワイヤー清掃をするしかありません。

パイプユニッシュやパイプマンを多めに使用したり、パイパスを試してみても流れが改善しない場合も、ワイヤー清掃をすれば、ほぼ確実に改善されます。

ワイヤーブラシを使わず、時間がかかっても自分で何とかしたい場合は、ビーエヌクリーンをお試し下さい。

業者に依頼するのが一般的かと思います。
「流れが悪いんだけど」「パイプクリーナーを使ったけど流れが良くならないんだけど」といった様な依頼をすれば、業務用のドレンクリーナー(ワイヤーブラシ)を突っ込んでいき、それなりに汚れを削り取って、流れが良くなります。建物の排水配管の施工状況や不調の原因によって千差万別なので一概に言えないのですが、一般住宅であればドレンクリーナーのワイヤーで清掃してくれる業者で十分だと思います。

ワイヤー清掃を自分でやることも可能ですが、手間と得られる効果的におすすめしません。技術と経験がないと、配管の奥の方へワイヤーを送り込んでいくこと自体難しいです。
【ワイヤーブラシを自分でやってみようと考えている方へ】をご参考下さい。

業者がやる内容ですが、
基本的には、ワイヤーブラシを排水パイプにドンドン送り込んでいき、水を流して、スムーズに流れるようになったか確認して、ワイヤーを回収して終了です。
丁寧にワイヤーブラシの先端を前後前後させて時間を掛けて徹底的に汚れを削り取ろうとする業者もいると思いますが、ワイヤーを送り込んで、引き抜けば、大抵流れは正常になるので、それで終わりの場合が多いと思います。

ワイヤーブラシを送り込むときに、ワイヤーにねじりを加えながら送り込んでいきます。その際に、ワイヤーの先端がガシャガシャとパイプの中で暴れながら奥へ進んでいくので、それなりに汚れが削り取られます。そのため、ドンドン送り込んで、引き抜くだけで作業は十分な場合が多いのです。

一度、ワイヤーを奥まで送り込んで引き抜けば、数ヶ月~数年は不調は再発しない程度まで汚れが削り取られる場合がほとんどです。数週間~数ヶ月で不調が再発したなら、大曲の配管部品を使っていなかったり、古い排水配管で鋳鉄の排水配管だったり、配管が異様に複雑だったり、逆勾配になってたり、配管の施工自体に問題がある場合が多いです。

また不調になったらワイヤー清掃を行うか、微生物系パイプクリーナーのビーエヌクリーンを使い、詰まる心配の無い排水環境を維持するしかないと思います

ワイヤーで流れが良くなった後に、ビーエヌクリーンの定期使用をします。ワイヤーで除去し残った汚れでBN菌が付着したところは分解され除去されるので、より詰まる心配のない排水環境になります。そして、ビーエヌクリーンで良好の排水環境を維持します。

上へ戻る



パイプユニッシュやパイプマンなど一般向け液体パイプクリーナーを使ってから様子を見る

応急処置で一般向け液体パイプクリーナー(パイプユニッシュ・パイプマンなど)を使ったあと

パイプクリーナーを使っても数日で流れが悪くなるなら別の対処方をしないと危険な状態です。

パイプユニッシュやパイプマンなどを使って、流れがよくなった後、数日~数週間でまた流れが悪くなることがあります。この場合はパイプユニッシュやパイプマンでは分解できない汚れがひどい状態と判断します。


パイプユニッシュやパイプマンなどのパイプクリーナーを使ったあとの排水パイプの様子
パイプクリーナーを使って流れが一時的にでも良くなったあとは、正しい対処方で改善が必要です。
末期的な排水環境の状態になると普通のパイプクリーナーを使っても流れがよくなりません
数週間で不調が再発する排水にくり返しパイプクリーナーを使っていると末期的状態になる恐れがあります。

年月がたって末期的な状態になると、パイプユニッシュやパイプマンを使っても流れはよくなりません。固く変質した汚れは、強力な業務用のパイパスを使っても、ほとんど分解できません。

固く変質した汚れは、ビーエヌクリーンを定期的に使用することで、少しずつ分解できます。
あとは、業者にワイヤー清掃を依頼して、固く変質した汚れをワイヤーブラシで削り取る方法が一般的です。

早急に、即日流れをよくしたい場合はワイヤー清掃しかありません。
業者に依頼せず、自分で改善する場合は、日数がかかりますがビーエヌクリーンをお試し下さい。

いずれにしても、いつ詰まってもおかしくない危険な状態の排水環境なので、できるだけ早く対処を行って下さい。
ワイヤーブラシを使って早急に流れるようにするバイオパイプクリーナーのビーエヌクリーンを使用して排水環境を改善する

上へ戻る



バイオパイプクリーナーのビーエヌクリーンを使って、固く変質した汚れを少しずつ除去する

年月が経って硬く変質した汚れは、パイプユニッシュやパイプマンではほぼ分解できません。パイパスを使った高濃度の洗浄液を排水口へ流しても分解できません。

ビーエヌクリーンは硬く変質した汚れを、少しずつですが分解することができます。

微生物系パイプクリーナーのビーエヌクリーンとは何?バイオパイプクリーナーのビーエヌクリーンの使い方


上へ戻る


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス