配管業者の私が実際に使っている厳選の2品のみ販売 | ビーエヌクリーンかパイパスで詰まりを改善できます

 ※Cookieが無効になっていると
  カートに商品が入りません

ホームユニットバスの排水溝に一般的なパイプクリーナーを使ったけど流れが改善されなかった理由【長年かけてたまった汚れが原因の場合】
ユニットバスの排水に家庭向けパイプクリーナーを使っても、流れが改善されなかった理由【長年かけてたまった汚れ編】

※下記の解説は、経験・調査に基づいた個人的な見解です。自己責任・自己判断でご参考ください。解説に用いている画像は分かりやすく説明するために誇張してあります。実際と異なりますことご了承の上ご参考ください。

※下記は、排水の流れの不調の原因が汚れによる場合のみを想定して解説しております。汚れ以外の要因(ヘヤピンや爪楊枝など異物を流した・配管の施工欠陥・排水ますの異常など様々)による不調については、ここでは解説しておりませんのご了承ください。

まず、徐々に流れが悪くなっていった不調の原因について

不調の原因は汚れなどの蓄積によるものです。ユニットバスの排水で考えられる主な汚れは、髪の毛、人の油、人のアカです。

人の油やアカが排水パイプに付着します。そこに雑菌が繁殖しヌメリが発生します。そして、その汚れやヌメリに髪の毛が引っかかります。

汚れに髪の毛や汚れが付着していき、汚れの層が徐々に厚くなっていきます。

ユニットバスやお風呂の流れが排水パイプに付着した初期の様子
この比較的最近付着した汚れは、水分を多く含んでいる柔らかい状態の油汚れです。

上の図のようなに汚れの蓄積の初期段階で家庭向けの一般的なパイプクリーナーを使用すると効果的です。柔らかい油汚れにはパイプクリーナーに含まれている、水酸化ナトリウムが作用します。からまっている髪の毛には次亜塩素酸ナトリウムが作用して除去することができます。

排水の流れが悪い状態になるまで、汚れの層の厚みがひどくなってしまうと、家庭向けパイプクリーナーでは十分効果を得られなくなってしまう場合があります。排水に不調がでるまで放置せず、不調が出ていなくても家庭向けパイプクリーナーを使うことで予防になります。家庭向けパイプクリーナーの効果的な使い方としておすすめです。

排水の流れが悪いという症状がある場合、右のイラストのようになっている可能性があります。

茶色の色の濃い部分は、長年時間ががたち、硬く変質している汚れを表しています。長年の蓄積によって、このように汚れの層が非常に厚くなると、排水の流れ道が細くなるので、排水がスムーズに流れなくなってしまいます。

排水パイプはある程度の太さがあるので、流れが悪くなるといった不調は、相当汚れが蓄積しないと起こりません。逆の言い方をすると、不調が表れたときには、汚れの蓄積がひどい状態になっている場合が多いのです。

ユニットバスやお風呂の流れが悪い排水の様子
排水パイプの環境や排水の違いなどによって差はありますが、数年から数十年経つことで汚れが硬く変質してしまうことがあります。さらに、蓄積した汚れの大部分が変質してしまっている場合、家庭向けパイプクリーナーを使用しても改善を実感できないことが多々あります。

家庭向けパイプクリーナーを使用して、不調が改善されたと実感された方の排水の汚れは、硬く変質している部分が少なく、比較的柔らかい状態の汚れが多く付着していたと推測されます。そういった汚れに家庭向けパイプクリーナーを使用すると、それなりに分解できるので、排水の通り道が一時的に広くなって改善されたと実感されるのでしょう。柔らかい汚れが多く付着しているのであれば、家庭向けパイプクリーナーを定期的に使用して、定期的に汚れを除去してやることで排水の流れ道が狭くならないように予防できます。不調の症状が出る前に、定期的な掃除感覚で家庭向けパイプクリーナーを使用することををおすすめします。


なんで家庭向けパイプクリーナーでは改善できないのか?それは汚れを十分除去できていないから
排水というのは、ある程度まで排水の通り道が広くないと、スムーズに流れていきません。家庭向けパイプクリーナーで洗浄して、排水がスムーズに流れるようなったとします。一見これで大丈夫に感じますが、言いかえると、ある程度まで排水の通り道が広くなり、スムーズに流れるようになったが、その通り道に汚れが付着するとすぐに不調が再発するということです。

これは業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを使用した場合も同様です。業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを使用して、ある程度まで汚れを除去し、排水の流れがスムーズになったとします。硬く変質している部分や薬液の能力的に除去できなかった残った汚れの部分はそのままです。その残った汚れに日常の新たな汚れが付着しするので、そのうち不調が表れるまで排水の通り道が細くなります。


右のイラストは、排水の流れが非常に悪くなっている排水パイプの汚れに一般的な家庭向けパイプクリーナーを使用した様子を表しています。

(実際のパイプクリーナーの薬液は透明でイラストでは表せないので、ここでは説明のためピンク色で表しております。

汚れの層が非常に厚くなっています。そして、右のイラストの茶色が濃い部分は、年月が経過して変質した汚れを表しています。

家庭向けパイプクリーナーは、比較的最近付着した、水分を多く含んだ柔らかい汚れを除去できます。家庭向けパイプクリーナーを使用したあとは、ある程度汚れが除去され、排水の流れ道が広くなります。

しかし、家庭向けパイプクリーナーの場合、薬液に含まれている洗浄成分の濃度に応じた程度しか汚れを除去できません。

イラストのように汚れがひどい状態の排水へ1回使用した程度では、排水の流れがスムーズに流れるまで改善できず、流れが良くなったと実感できず、全く効果がなかったと多くの方は結論を出してしまいます。

ユニットバスやお風呂の排水にパイプクリーナーを使った様子
家庭向けパイプクリーナーと使って効果を実感できずとも少しは流れが改善しているんです!
よって、何度も何度も家庭向けパイプクリーナーを使用することでスムーズに流れるようになるかもし出ません。

手元にある一般的なパイプクリーナーを使ってどうにかする方法
1回使用して効果がなかったと感じてしまっても、あきらめずに何度も、家庭向けパイプクリーナーを使用することで、徐々に汚れが除去され、排水の流れがスムーズになるまで改善させられる可能性があります。しかし、何度もやるには相当手間がかかるので現実的な対処法ではないかもしでません。

また、付着した汚れの大部分が硬く変質している場合、何度家庭向けパイプクリーナーを使用しても、排水の通り道を十分広げることができず、効果を実感できない場合があります。

何度も家庭向けパイプクリーナーを使用して、分解できる汚れの部分を徐々に除去していき、排水がスムーズになったとしても、これで安心とはなりません。

パイプクリーナーを使った自分で何とかする現実的な対処法でおすすめできるのはこちらです。
業務用苛性ソーダ形パイプクリーナーを使って固まった汚れを分解して排水の流れ道を広くする!

家庭向けパイプクリーナーに比べ、非常に高濃度の苛性ソーダが含まれている洗浄剤を使用します。

長年かけて蓄積したユニットバスの排水パイプの内側に付着したよごれのかたまりは、人の油やアカなどが材料となっています。特に人の油が油汚れとなってドロドロよごれになります。さらに、これらの油やアカなどをエサにして雑菌が繁殖してヌメリが発生します。この蓄積した油のドロドロよごれとヌメリに髪の毛が引っかかって、髪の毛がからまったところにはさらに汚れが付着しやすくなります。

つまり、固まらせている原因の油汚れを分解できれば、排水の流れ道が広く改善されるのです。
そのために、
固まった油汚れをより多く分解できる苛性ソーダ高濃度パイプクリーナーを使用します。


業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーが溶け、その薬液が排水の流れ道を流れていきます。そして、汚れの表面に付着して、汚れを徐々に分解していきます。

薬剤を投入してから、30分から1時間程度放置します。↓

苛性ソーダが固まった油汚れに作用して、汚れが分解されて排水の流れ道が広がります。

固まった油汚れをある程度除去するだけで、排水の流れがスムーズに改善されたとすぐに実感できるでしょう。

しかし、数年~数十年前に付着した硬く変質した汚れは除去できないまま付着しています。
いかに強力な業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーを使っても分解できない硬くなった汚れが多く付着している状態だと、近々再発する可能性があります。
このような硬くなった汚れは、ビーエヌクリーンで徐々に少しずつ除去していくことができます。

硬く変質している汚れが非常に多い場合、その部分を除去することによって、排水の流れ道がかなり広がり、再発しにくい排水環境になります。
業務用パイプクリーナーを使った様子

業務用のパイプクリーナーを使っても排水の流れが改善されないことがある

右のイラストのように、長年かけて硬く変質した汚れが多く付着している場合がもっとも厄介です。

何度も業務用苛性ソーダ系パイプクリーナーや家庭向けパイプクリーナーを使用しても、排水の流れ道が十分に広くならないので、スムーズに流れるようになるまで汚れが除去できず、効果を実感できない場合があります。

このような場合、当然、変質した汚れを除去しなければ排水の流れは改善されません。早急に改善させたい場合は、ワイヤードレン清掃が効果的です。自分で何とかするには、ビーエヌクリーンを試すことをおすすめします。

変質した汚れがひどく、パイプクリーナーを使用しても効果が表れない状態
ビーエヌクリーンを使って、硬く変質した油汚れを除去しましょう。

長年かかって硬く変質している汚れは、いかに強力な苛性ソーダ系パイプクリーナーでも除去するのは難しいのです。こういった汚れをビーエヌクリーンのBN菌が少しずつ分解していきます。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス